天王寺区夕陽丘の新築マンション

歴史大河の英雄、真田幸村ゆかりの安居神社に寄り添う私邸。
天神坂 天王寺七坂のひとつ“天神坂”のほとりに。

上町台地の西端に沿った崖線にはいくつもの坂道があり、中でも、真言坂、源聖寺坂、口縄坂、愛染坂、清水坂、天神坂、逢坂など歴史的な価値が高い7本の坂は「天王寺七坂」と呼ばれています。「ル・パルトネール 夕陽丘 天神坂」はその七坂のひとつ、菅原道真を祀る安居天神(安居神社)に通じることから「天神坂」と名付けられた坂のほとりに誕生。石畳敷の風情を醸しながら車でも通行ができ、邸宅地としての利便価値を誇ります。

北面に面した「天神坂」は歩行者専用道路なので、交通量が少なく静か。穏やかな時間が流れます。
変わることのない景色。

風格あふれる家々が軒を連ね閑静な住環境に抱かれた「ル・パルトネール 夕陽丘 天神坂」。 西側には安居神社の杜が緑陰と静寂の領域を描き、南側には逢阪公園の木立が大きく茂りひときわ落ち着きを見せています。この良好な住環境が守られているのも風致地区ならではの魅力です。

1階平面図及び基準階平面図 安居神社
はるかな古代から人々が集い住んできた高台の地。

大阪の中心部を南北に伸びる上町台地。平均標高20mの丘陵には古代より人々が生活を営み、難波津、四天王寺、難波宮、大阪城…と、つねに日本の歴史の中心に位置し続けてきました。現地の身近にも、真田幸村にゆかり深い「安居神社」や、「天王寺七坂」と呼ばれる坂のひとつで歴史情趣が色濃い「天神坂」など、由緒を伝える名所が数多く残されています。そして、かつて坂の上から沈む夕日の彼方に西方浄土を思い浮かべたという日想観の聖地は、時を越えてなお美しく人々の暮らしに照り映えています。

上町台地断面概念図
古くから風光明媚を誇る「夕陽丘風致地区」。 用途地域概念図

「夕陽丘」の地名は、歌人・藤原家隆がこの界隈に終の棲家となる『夕陽庵』(せきようあん)を設けたことに由来。古くから風光明媚の地として親しまれ、現在でも、都市のビル群を茜に染める夕陽の美しさを誇ります。都心でありながら豊かな自然や歴史に恵まれており、その重要な風致を維持するために建築物の建設や自然の伐採が制限された「夕陽丘風致地区」に指定されています。

大阪市内において「風致地区」に指定された地区は、わずか6地区。
眺望西 眺望南 眺望北

現地3階相当の高さより望む。

飾る言葉の要らないアドレス、夕陽丘 天神坂。

HISTORY

聖徳太子の遺徳と理想を今に伝える四天王寺。

『日本書紀』に593年(推古天皇元年)、聖徳太子によって創建と記され、日本仏法最初の大寺として数えられる四天王寺。古代においては難波京の南端に位置し、それ以後も、堺と京とを結ぶ要衝として、四天王寺を中心とした町が形成されていきました。四天王寺は創建以来、度重なる火災や戦災に遭いながらも、そのたびに復元。建物は新しくなりましたが、現在も飛鳥時代の礎石の上に立ち、伽藍の配置は創建当時のまま。太子の精神とともに、飛鳥時代の偉容を今に伝えています。

四天王寺

SHOPPING

都心に暮らす価値のすべてを備えたロケーション。

最寄り駅は徒歩6分の地下鉄谷町線「四天王寺前夕陽ケ丘」駅。ここから南へひと駅の「天王寺」駅は、地下鉄御堂筋線の「天王寺」駅、近鉄南大阪線「大阪阿部野橋」駅と接続するビッグターミナル。界隈には、天王寺ミオ、あべのキューズモール、あべのルシアスに加え、 日本一の高さを誇るあべのハルカスも誕生。キタ・ミナミに次ぐ賑わいの中心です。また、「四天王寺前夕陽ケ丘」駅から東梅田方面へひと駅の「谷町九丁目」駅は、近鉄大阪線「大阪上本町」駅と接続。近鉄百貨店や上本町YUFURAがありショッピングの便利さも魅力です。

あべのハルカス

EDUCATION

有名校、名門校が点在。大阪でも有数の文教の地。

大阪市の中心部に寄り添い南北に伸びる上町台地。交通の便が良く、古くから高級住宅街としても知られてきた地域です。特に、落ち着いた環境は学びの地としても尊ばれ、大阪教育大学附属天王寺中学校・高等学校をはじめ、明星中学校・高等学校、清風中学校・高等学校、大阪星光学院中学校・高等学校など、大阪を代表する国立難関校や私学の有名校がこの界隈に集中。大阪でも屈指の文教エリアとして知られています。

PARK

総面積は約28万㎡、大阪を代表する「天王寺公園」。

天王寺区茶臼山町に位置し、総面積約28万㎡を誇る天王寺公園は、1903年 第5回内国勧業博覧会の会場として誕生。1909年 会場跡地の東側を公園として整備し「天王寺公園」が開園しました。園内には植物温室をはじめ、東京の上野、京都の岡崎に続く、国内3番目の「天王寺動物園」が誕生。1925年(大正14年)に住友家本邸の神戸移転に伴い、隣接する旧本邸敷地、茶臼山とともに大阪市に寄贈され、現在の「大阪市立美術館」、林泉回遊式庭園「慶沢園」などを擁する大阪を代表する一大都市公園へと発展を遂げていきました。

天王寺公園

※掲載の地図は略図のため、省略されている道路等があります。※徒歩分数は80mを1分で換算し、端数は切り上げています。
※周辺環境データは平成26年11月調べです。※環境写真は平成26年11月及び平成27年1月に撮影したものです。